Skip to main content

この記事は、仕出し弁当やケータリング販売業者や、仕出し・ケータリング事業に新規参入を検討している飲食店オーナーや経営者向けに書いています。

コロナ禍が落ち着き、最近では外食需要も復活しつつあります。しかしながら、外食需要は完全には戻っておらず、外食が控えられ、テイクアウトやデリバリーなどの中食利用が増え、外食需要の一部が中食シフトしているようです。

コロナ禍での外食自粛やテイクアウト・デリバリー需要の増加を背景に、仕出し弁当・ケータリング事業への参入を検討している飲食店が増えています。

仕出し弁当やケータリングは、外食事業と違い自分から営業していけば、結果が積みあがっていくビジネスモデル。

この記事では、飲食店様が仕出し・ケータリング事業へ新規参入する際に必要な3つのポイントを紹介します。

仕出し弁当・ケータリングの売上を伸ばしたい方は日本仕出し営業代行センターへ

仕出し・ケータリング専門の営業代行
  • 仕出し弁当・ケータリングの売上を伸ばしたい
  • 営業チームがあるが、思うように売り上げが伸びない
  • 飲食店の新しい業態で、仕出し・ケータリングにも力を入れていきたい
  • 利益率の高い仕出し弁当を作りたい。
  • 営業方法を見直したい

そういったご要望ありませんか?
仕出し営業代行センターは、日本で唯一の仕出し弁当・宅配弁当・日配給食(日替わり弁当)・ケータリング専門の営業代行・コンサルティング会社です。

仕出し弁当・ケータリング事業参入に必要な3つのポイント

①盛り付けを行うための広い盛り付け台を確保できるか

仕出し弁当やケータリングでは複数の弁当容器を並べて一度に大量に盛り付けを行う必要があります。

キッチンに調理台が十分にあれば問題ありませんが、小さい店舗の場合はそうもいかない場合が多いですよね。

その場合は、ホールのテーブルやカウンターを盛り付け台として確保できるようにしましょう。

基本的にはランチ営業開始前が仕出し弁当のピークタイム、ケータリングはディナータイム前までの時間が作業時間になります。

②スチームコンベクションオーブンの導入

煮物や焼き物など、さまざまな調理方法が求められる仕出し弁当・ケータリング業ではスチームコンベクションオーブンを導入するとよいでしょう。

通常はスチコンと言われる調理器具で、熱風加熱ができるだけでなく、水蒸気を使ったスチーム加熱、スチームと熱風のコンビネーション加熱機能ができます。

普通のオーブンではできない調理がかんたんにできるのが最大の特徴。

効率的な調理が可能で、味も均一に仕上がります。

仕出し事業に参入するのであればぜひ導入したい厨房機器です。

③営業チームの準備

飲食店様が仕出し弁当・ケータリング事業に参入するにあたり営業チームの準備も重要です。

営業チームが必要な理由は、以下の通りです。

  • 顧客獲得: 営業チームが積極的に顧客開拓を行う事で、リピート顧客を獲得し、事業の安定化につなげることができます。
  • ニーズ把握: 営業チームが顧客から直接フィードバックを収集することで、市場のニーズを把握し、サービスの改善や新メニュー開発に活かすことができます。
  • 顧客対応: 顧客からの問い合わせやクレーム対応など、営業チームが顧客とのコミュニケーションを円滑に進めることができます。顧客満足度を向上させ、リピート率向上や口コミによる拡散効果を期待できます。
  • 既存顧客のフォロー: 営業チームが既存顧客とのリレーションシップを維持し、アフターサービスやアップセルを行うことで、安定した売り上げを作れます。

とはいえ、通常の飲食店様の規模ではなかなか専属の営業チームを構築することは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、営業代行+店舗全員の営業マン化です。

営業を仕組み化し、全員で営業を行える体制を作りましょう。

その上で、営業の案件を獲得するのに営業代行へ依頼するのがオススメです。

営業代行を活用することで、低コストの営業チームを構築

営業代行へ依頼するメリット

営業代行は提案営業のノウハウを持ち、新人の営業マンが獲得できないような大口の仕出し弁当やケータリングの案件を獲得可能です。

また、営業チームの効率的なコンサルティングも可能。

そのため営業代行へ最初のトスアップを依頼し、土地勘のある自社でクロージングを行なう構成がおすすめです。

日本仕出し営業代行センター

日本仕出し営業代行センターは、豊富な仕出し弁当・ケータリング営業のノウハウを持っている、日本で唯一の仕出し弁当・ケータリング専門の営業代行会社です。

業界に11年精通している営業マンが年商2800万上乗せした実績もあり、効果の出る営業管理や戦略立案が可能です。

営業体制でお困りのことはお気軽にご相談ください。

よくある質問と答え

仕出し弁当・ケータリング事業への参入にかかる費用は?

店舗の規模や設備により異なりますが、盛り付け台やスチームコンベクションオーブンなどの
設備導入費用、食材や弁当容器の購入費用、営業代行サービスの費用などが主な費用です。具体的な金額は、事業計画に応じて異なります。

仕出し弁当・ケータリング事業を始める際のマーケティング戦略は?

まず、ターゲット市場を明確にし、競合他社との差別化を図ります。その上で、SNSやウェブサイトを活用した宣伝活動や、地域イベントへの参加などを通じて、ブランド認知度を高めることが重要です。

営業代行サービスを利用する際の注意点は?

営業代行サービスを選ぶ際は、業界の専門知識や実績があるか、費用対効果が高いかなどを確認してください。また、顧客獲得を重視するだけでなく、既存顧客とのリレーションシップ維持やアフターサービスも重要ですので、それらをサポートしてくれるサービスを選びましょう。

まとめ

仕出し弁当・ケータリング事業に参入するには、広い盛り付け台の確保とスチームコンベクションオーブンの導入があるといいでしょう。
また、営業代行サービスを活用することで、効率的な営業戦略を立てることができます。
日本仕出し営業代行センターは、豊富なノウハウと実績を持ち、営業代行サービスとしておすすめです。

仕出し弁当・ケータリングの営業・売り上げアップは、日本仕出し営業代行センターにお任せください

競合防止の為、担当させていただくのは
1エリア当たり1社限定とさせていただいております。
エリアが埋まり次第募集を終了します。

営業代行のご依頼はお気軽に

新規案件が取れない」「仕出しの売り上げが安定しない」「弁当の売り上げが伸びない」「既存客の掘り起こしがまったくできない」「ノウハウは分かっても、具体的にどういうタイミングで営業すればいいか分からない」「継続的に日配給食(日替わり弁当)・仕出し弁当・ケータリングを受注する具体的な手法がない」「宅配弁当の利益率を高めたい

そのような宅配弁当・仕出し弁当・ケータリング業者様、いらっしゃいませんか?
また
通常の飲食だけでなく仕出し弁当もやって売上を伸ばしたい
と、考えている飲食店さんはいらっしゃいませんか?

私達は以下を得意としている日本で唯一の宅配弁当 ケータリング専門の営業代行・コンサルティング業者です。

  • 仕出し・給食会社の年商を2800万アップさせたプロの営業が担当
  • リスト作成新規開拓だけでなく、既存客の掘り起こしで安定的な収益を構築
  • 小規模~大規模イベントでの仕出し弁当・ケータリングの受注で数字をオン
  • 上記案件のトスアップ+フォロー
  • お客様のニーズに合わせた仕出し弁当・ケータリングプランの立案
  • 営業チームの効率の良い稼働方法のご提案・運用コンサル
  • 営業マンを1人雇うよりはるかに安く、高コスパでの営業代行を実現

ご相談は無料です。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

    仕出し弁当・日配給食(日替わり弁当)・宅配弁当(宅食)ケータリング専門の営業代行。全国の仕出し弁当・ケータリング業者様や、飲食以外の事業へ拡大したいとお考えの飲食店様の販路開拓・事業拡大をサポート致します。

    売上を拡大したい方はお気軽にご相談下さい【無料】
    無料相談はコチラ