Skip to main content

宅配弁当、日配給食、仕出し弁当、ケータリング。

これらは宅配弁当やデリバリー業界でよく耳にする言葉ですが、それぞれのビジネスモデルを正確に理解している人は少ないでしょう。

この記事では、宅配弁当・日配給食・仕出し弁当・ケータリングの違いを明確にし、それぞれの事業展開に成功するための秘訣を解説します。

宅配弁当、日配給食、仕出し弁当、ケータリングの違い

宅配弁当、日配給食、仕出し弁当、ケータリングについては、以下に紹介するものが必ず当てはまる訳ではありません。

しかし、定義がある程度明確になることで、自社で狙っていく顧客ターゲット層が明確になります。

自社のデリバリーがどの領域に属するのかをイメージして読み進めてみてくださいね。

宅配弁当とは

宅配弁当とは、弁当を家庭や施設に届けるサービス全般を指す言葉で、宅食とも言われます。

最近では、主に高齢者、アクティブシニア層への宅配弁当が盛んで、宅食とも呼ばれます。

主に高齢者に向けて高齢者配食市場は、2025年には1300億円の規模に成長する見込み。

日本は高齢化が進んでいるため、高齢化社会の進展に伴い毎年120%から130%成長しています。

2025年に1300億円のマーケットに成長すると予想されています。

価格帯は、300円~700円程度。

一度契約すると定期的な注文が見込めるためサブスクに近いのが魅力ですが、利益率が大変少ないというデメリットもあります。

また、飽きられないように同じメニューが何度も出ないように工夫する必要があります。

メニューについてはこちらをご覧ください。

また、宅食の場合は多くのフランチャイズが全国展開しており、比較的参入しやすい分野でもありますが、高齢者施設などは独自で厨房を持つことも多くなり、新規の営業が取りにくい激戦区となっております。

宅配弁当のフランチャイズについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

日配給食(産業給食)の特徴

日配給食(産業給食や日替わり弁当とも言います)事業は、主に企業に届ける昼食のことを指します。

産業給食は、企業や工場に毎日届ける事が多いため、毎日違った献立や、栄養バランス、大量調理が必要になります。

日配給食もメニューが非常に重要になります。

量と栄養バランスが重視されるため低価格で高品質な食材を使った献立が求められます。

日配給食の場合は、厨房で調理するというよりはセントラルキッチンで一括調理、製造ラインで盛り付けなどを行うため、弁当を生産するというイメージが近いです。

そのため、美味しい料理を作る料理人というよりは、栄養士が献立を考えてお弁当を作るといった傾向が強いのが特徴になります。

そのため、ボリュームゾーンも宅食と同じく300円~700円程度と低単価、低利益のストック型ビジネスになります。

仕出し弁当事業の特徴

仕出し弁当は、イベントや会議、ロケ弁、上棟式、葬儀などで使われる事が多く、産業給食とは違い少し価格帯の良いお弁当になります。

仕出し弁当の場合、日替わり弁当と同じ300円~700円の言葉を指すこともありますが、

  • 会議食:800円~
  • 高級仕出し弁当:1000円~

このボリュームゾーンの「高級宅配弁当」を「仕出し弁当」ということが多いです。

味はもちろんの事、見栄えや梱包などにもこだわり作っていることが多く、高単価・高利益率を狙えるビジネスモデルです。

なぜ高級宅配弁当が高単価・高利益率を狙えるビジネスモデルかというと。

店舗では家賃が発生しますが、家賃は基本的に一定です。

また、配達スタッフなどの人件費も基本的には変動しません。

そのため高単価のお弁当を作っても固定費は変わらず、利益が上がりやすいという訳です。

高級弁当の宅配事業については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

ケータリング事業の特徴

ケータリングは、パーティーや結婚式など華やかな場での食事提供を担当します。

基本的には給仕による配膳や片付けも行いますが、業者によっては会場の設営なども一括して請け負う事もあります。

味だけでなく、見た目や演出も重要素であり、高いクオリティが求められます。

ケータリングの単価目安は、飲み放題付きで4000円前後。

大皿で提供するため容器の原価率も抑えられるため利益率が高いのが特徴です。

ケータリング事業については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

利益率が高く、リピートしてもらいやすいのがケータリングの特徴ですが、最初の営業が難しいという難点もあります。

営業をご希望の場合は日本仕出し営業代行センターで承れますので、お気軽にご相談ください。

他ジャンルへの事業展開の失敗例と対策

事業を運営していれば、より高単価のビジネスを狙っていったり、より安定的なビジネスへシフトしていくのは当然の流れかと思います。

中食の宅配事業は、外食産業と違い自分から顧客が顧客のいる場所へ営業しに行けるのが強みですよね。

しかし、デリバリーというジャンルではありますが、簡単には入れない理由もあります。

ここでは、他ジャンルへ事業展開した際に失敗しやすい点をご紹介します。

日配給食・産業給食から仕出し・ケータリングへ参入する場合の失敗例

日配給食事業を展開している企業が仕出し弁当やケータリングに参入する場合、料理の質やサービスのレベルが十分でないことが失敗の原因となります。

まず重要なのが、日配給食が中心の場合、料理人がいない場合が多いということ。

日配給食の場合、いかに原価をおさえて栄養バランスのいいお弁当を作る事に特化していますが、仕出し弁当やケータリングの場合は味はもちろんのこと、料理の見た目の華やかさも求められます。

また、製造方法が異なる点にも注意しましょう。

製造ライン型の日配給食で仕出し弁当を作る場合は、既存のラインにいかにして載せられるかを製造部門とよく協議する必要があります。

仕出し・ケータリングから給食事業への失敗例

仕出し・ケータリング業者が給食事業に参入する際にはコストや量産性の課題がついて回ります。

既存の厨房の他、オープン前の店舗のフロアを使うという方法もあります。

既存の設備を踏まえたうえでの製造を検討していきましょう。

また、お客様に飽きられないようにメニュー表の作成が必要です。

営業戦略の見直しと営業代行の活用

営業戦略の重要性

事業展開を成功させるためには、営業戦略が非常に重要です。

新規事業を始める際には、独自の価値提案やターゲット顧客を明確にし、効果的な営業活動を行うことが求められます。

とはいっても、新規事業を始めるのに営業マンを雇うのは大変ですよね。

そこで、社内全員を営業化しましょう。

デリバリー事業の場合、製造・配達・事務、全員で営業を行う体制をつくる事が可能です。

詳しくは以下の記事でご紹介しています。

給食事業や仕出し・ケータリングに強い営業代行の活用

営業代行は、営業チームの構築やコンサルティングをワンストップで提供してくれるサービスです。

日本仕出し営業代行センターは、給食事業や仕出し・ケータリングに強い経験豊富な営業マンが提案営業のノウハウを持っており年商2800万プラス、月商800万プラスした実績や、葬祭業者、官公庁への納品実績もございます。

伴走型の営業方針を行っており、貴社の経営課題を一緒に考えて収益化をお手伝いしています。

お気軽にご相談ください。

まとめ: ケータリング・仕出し弁当専門の営業代行を活用しよう

この記事では、宅配弁当(宅食)、日配給食(産業給食・日替わり弁当)、仕出し弁当、ケータリングの違いをご紹介しました。

これらはデリバリーという意味では共通していますが、宅食や産業給食がサブスクに近い低利益ビジネスモデルに対し、仕出し弁当やケータリングは高利益ビジネスモデルであることをご紹介しました。

そのため、新しいジャンルに参入したいというニーズもありますが、それぞれの業態の特徴を理解しておかないと失敗しやすいです。

日本仕出し営業代行センターでは、多くの宅食、日配給食、仕出し、ケータリングの豊富実績があり、失敗しないための営業代行や営業チームの立ち上げ、メニューのアドバイスなどを行えます。

ご相談は無料で承ります。

お気軽にご相談ください。

仕出し弁当・ケータリングの営業・売り上げアップは、日本仕出し営業代行センターにお任せください

競合防止の為、担当させていただくのは
1エリア当たり1社限定とさせていただいております。
エリアが埋まり次第募集を終了します。

営業代行のご依頼はお気軽に

新規案件が取れない」「仕出しの売り上げが安定しない」「弁当の売り上げが伸びない」「既存客の掘り起こしがまったくできない」「ノウハウは分かっても、具体的にどういうタイミングで営業すればいいか分からない」「継続的に日配給食(日替わり弁当)・仕出し弁当・ケータリングを受注する具体的な手法がない」「宅配弁当の利益率を高めたい

そのような宅配弁当・仕出し弁当・ケータリング業者様、いらっしゃいませんか?
また
通常の飲食だけでなく仕出し弁当もやって売上を伸ばしたい
と、考えている飲食店さんはいらっしゃいませんか?

私達は以下を得意としている日本で唯一の宅配弁当 ケータリング専門の営業代行・コンサルティング業者です。

  • 仕出し・給食会社の年商を2800万アップさせたプロの営業が担当
  • リスト作成新規開拓だけでなく、既存客の掘り起こしで安定的な収益を構築
  • 小規模~大規模イベントでの仕出し弁当・ケータリングの受注で数字をオン
  • 上記案件のトスアップ+フォロー
  • お客様のニーズに合わせた仕出し弁当・ケータリングプランの立案
  • 営業チームの効率の良い稼働方法のご提案・運用コンサル
  • 営業マンを1人雇うよりはるかに安く、高コスパでの営業代行を実現

ご相談は無料です。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

    仕出し弁当・日配給食(日替わり弁当)・宅配弁当(宅食)ケータリング専門の営業代行。全国の仕出し弁当・ケータリング業者様や、飲食以外の事業へ拡大したいとお考えの飲食店様の販路開拓・事業拡大をサポート致します。

    売上を拡大したい方はお気軽にご相談下さい【無料】
    無料相談はコチラ