Skip to main content

仕出し弁当やケータリングの販売業者にとって、旅行会社や観光地との契約は大変有益です。

2023年の国内旅行者数は2億6,600万人 (前年比108.6%、2019年比91.2%)、国内旅行消費額は10兆7,200億円(前年比110.2%)と推計されています。また、観光庁では、「地域一体となった観光地・観光産業の再生・高付加価値化」事業や「アフターコロナに向けて観光案内所の機能強化」事業などを実施しており、旅行業界は需要が回復しつつあります。

団体旅行や観光バスツアーでは、多くのお客様に弁当が必要とされており、地元の名産品を取り入れたメニューや、観光客が喜ぶお土産付きプランを提案することで、魅力的なサービスを提供できます。

この記事では、仕出し弁当・ケータリング業者が旅行会社や観光地への営業を成功させる方法をお伝えします。

仕出し弁当・ケータリングの売上を伸ばしたい方は日本仕出し営業代行センターへ

仕出し・ケータリング専門の営業代行
  • 仕出し弁当・ケータリングの売上を伸ばしたい
  • 営業チームがあるが、思うように売り上げが伸びない
  • 飲食店の新しい業態で、仕出し・ケータリングにも力を入れていきたい
  • 利益率の高い仕出し弁当を作りたい。
  • 営業方法を見直したい

そういったご要望ありませんか?
仕出し営業代行センターは、日本で唯一の仕出し弁当・宅配弁当・日配給食(日替わり弁当)・ケータリング専門の営業代行・コンサルティング会社です。

仕出し・ケータリング会社が旅行会社と提携する方法

旅行会社に何をアピールするのがいいか

一般的に、旅行会社と提携する際には、以下のポイントをアピールすることが多いかと思います。

  • 地元の特産品を取り入れた独自のメニュー
  • 高品質な食材の使用と衛生管理の徹底頻繁なメニュー
  • 更新や季節限定の提案お客様の要望に柔軟に対応できるカスタマイズプラン
  • 親切で丁寧なサービス

しかし、それよりもアピールしたよいことがあります。

それは

高速道路などのパーキングエリアでの待ち合わせや、駅のバスターミナルでの仕出し弁当の引き渡しも可能

ということです。

これは、旅行会社が仕出し弁当をどのタイミングでお客様に提供するかを考えるとよく分かります。

仕出し弁当を提供するのは、バスツアーが多いですよね。

では、バスツアーを企画した旅行会社の視点で考えると、お弁当を引き渡すタイミングはいつがいいのでしょうか。

それが、パーキングエリアでの待ち合わせ時間や、駅のバスターミナルになるという訳です。

旅行会社に提携のメリットを説明する

また、旅行会社と提携する際にどのようなメリットが考えられるでしょうか。

旅行会社は、当日のスケジューリングをかなりしっかりと作り込んでいますよね。

つまり、仕出し弁当の都合ではなく、旅行会社のスケジュールの都合に合わせられると重宝されやすいということとなんです。

また、バスツアーの場合、添乗員は荷物を搬入する時間が取れないことがほとんどです。

弁当の積み込みや手渡しが可能ということをアピールするとより効果的な営業ができるでしょう。

旅行代理店向け仕出し弁当の営業戦略

ターゲットになる旅行代理店をリストアップしましょう

営業活動を効率化するために、ターゲットとなる旅行代理店をリストアップしておきましょう。

それぞれの特徴やニーズに応じた提案ができるよう、事前に情報収集を行いましょう。

ここで重要なのは、地元に限定した旅行代理店に絞らない事です。

なぜなら、地元から旅行に出発していくには朝の時間が早いため、その時間に仕出し弁当を納品できないケースが多いからです。

そこで、旅行会社をリストアップするときは必ず隣の市や県をリストアップし、営業するようにしましょう。

ユニークな弁当の提案を準備する

他社との差別化を図るために、ユニークな提案を用意しましょう。

例えば、観光地の歴史や文化に基づいたオリジナル弁当や、限定のコラボメニューなど、ターゲットに訴求力のあるアイデアを考えましょう。

売れる弁当を開発する方法の記事をご紹介しますので、ご参考になれば幸いです。

また、営業する際にはカタログやチラシを持参して営業しましょう。

カタログがあればどんな弁当があるのか、チラシがあればどれだけ企画力がある会社なのかが参考になります。

仕出し弁当のカタログとチラシについては、以下の記事で詳しくご紹介しています。

カタログの価格設定は慎重に行いましょう

旅行会社へ仕出し弁当を提案する際は、カタログの価格設定に注意しましょう。

旅行会社によっては、売上に応じたインセンティブの提示を求められることがあるからです。

その際にスムーズに営業できるよう、カタログ作成には工夫が必要です。

日本仕出し営業代行センターでは、旅行会社への営業代行の他に専用カタログの提案や仕組み作りなど、伴走型の営業代行を行っております。

お気軽にご相談ください。

旅行会社へは、マメなフォローアップを行いましょう。

旅行会社へは、一度の営業で受注できることは稀です。

提案後のフォローアップが必要になることがほとんど。

何回かの商談が必要になることを前提で営業活動を行っていきましょう。

フォローアップのタイミングや方法を事前に計画しておくことで、提案の効果を最大限に引き出すことができます。

例えば、提案後1週間以内に電話やメールで連絡を取り、感想や質問に丁寧に答えることが望ましいでしょう。

また、キャンペーンごとにチラシを作ってこまめに営業するようにしましょう。

試食会を開いて効率的に営業していきましょう

旅行会社へのフォローアップとして、試食会を開くのも有効な方法です。

その場でたくさんの担当者にご挨拶をしながら営業活動を行うとより効率的に関係性を構築していけるでしょう。

試食会は難易度が高い営業手法ですが、是非チャレンジしてみてください。

試食会のやり方などご不明な点はお気軽にご相談ください。

営業代行の活用をおすすめします。

営業の効率化や成功率を上げるために、ケータリング・仕出し弁当専門の営業代行を利用することもおすすめです。

営業代行は始めから旅行会社向け提案営業のノウハウを持っており、商談までスムーズに持って行くことができるでしょう。

日本仕出し営業代行センターでは、営業の代行の他に社内全体の営業仕組み化するノウハウの他、集客力のあるチラシ作成や商品開発アイデアなど様々な実績がございます。

ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

旅行会社向け仕出し営業まとめ

仕出し弁当・ケータリング業者が旅行会社や観光地との営業を成功させるためには、まずは旅行会社や観光地のニーズを把握し、ターゲットに合った魅力的な提案をすることが重要です。

専用のカタログやチラシを使って営業を行っていきましょう。

また、営業戦略を立案し、ターゲットリストを作成し、フォローアップを行うことで、提携の確率を高めることができます。

旅行会社向けの営業には試食会を開くと効果的です。

営業方法が分からない場合は、お気軽に日本仕出し営業だ指向センターまでお問い合わせください。

仕出し弁当・ケータリングの営業・売り上げアップは、日本仕出し営業代行センターにお任せください

競合防止の為、担当させていただくのは
1エリア当たり1社限定とさせていただいております。
エリアが埋まり次第募集を終了します。

営業代行のご依頼はお気軽に

新規案件が取れない」「仕出しの売り上げが安定しない」「弁当の売り上げが伸びない」「既存客の掘り起こしがまったくできない」「ノウハウは分かっても、具体的にどういうタイミングで営業すればいいか分からない」「継続的に日配給食(日替わり弁当)・仕出し弁当・ケータリングを受注する具体的な手法がない」「宅配弁当の利益率を高めたい

そのような宅配弁当・仕出し弁当・ケータリング業者様、いらっしゃいませんか?
また
通常の飲食だけでなく仕出し弁当もやって売上を伸ばしたい
と、考えている飲食店さんはいらっしゃいませんか?

私達は以下を得意としている日本で唯一の宅配弁当 ケータリング専門の営業代行・コンサルティング業者です。

  • 仕出し・給食会社の年商を2800万アップさせたプロの営業が担当
  • リスト作成新規開拓だけでなく、既存客の掘り起こしで安定的な収益を構築
  • 小規模~大規模イベントでの仕出し弁当・ケータリングの受注で数字をオン
  • 上記案件のトスアップ+フォロー
  • お客様のニーズに合わせた仕出し弁当・ケータリングプランの立案
  • 営業チームの効率の良い稼働方法のご提案・運用コンサル
  • 営業マンを1人雇うよりはるかに安く、高コスパでの営業代行を実現

ご相談は無料です。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

    仕出し弁当・日配給食(日替わり弁当)・宅配弁当(宅食)ケータリング専門の営業代行。全国の仕出し弁当・ケータリング業者様や、飲食以外の事業へ拡大したいとお考えの飲食店様の販路開拓・事業拡大をサポート致します。

    売上を拡大したい方はお気軽にご相談下さい【無料】
    無料相談はコチラ